ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

毎週サーフィンをする牧師さんに聞いてみた、人生を楽しむための秘訣とは

オーストラリアに住む人の幸福度は高い。しかも、年齢を重ねるごとに輝いている印象がある。そう、あくまで個人的な印象だ。「年齢を重ねるごとに輝いている人が多い国ランキング」があるわけでもない

 

そこで、これから2ヶ月かけて、実際にオーストラリアのシニア世代の方(50歳以上対象)にインタビューを開始することにした

 

質問は至ってシンプルで

「あなたにとって、人生を楽しむ秘訣は何ですか?」

その答えを掘り下げていくことで、何か新しい発見があるかもしれない。それでは早速、一人目のインタビューを行っていきたい

 

f:id:shunya7011:20180616190412j:image

John Moore

 

Moore Park Baptist Church

牧師 / バリスタ / サーファー / アーティスト

 

1958年オーストラリア生まれ、バプテスト教会の牧師。バプテストとはキリスト教プロテスタントの一教派で、個人の良心の自由を大事にする。愛妻家で、趣味はサーフィン

 

▶︎インタビュー&文:タニグチ シュンヤ

▶︎現場写真:ひるま ひとみ

 

f:id:shunya7011:20180615150706j:image

59歳には見えない


f:id:shunya7011:20180615150701j:image

暗闇の教会


f:id:shunya7011:20180615150710j:image

バリスタだからコーヒーだって作っちゃう

 

f:id:shunya7011:20180615150758j:image

こちらがカフェスペース


f:id:shunya7011:20180615150754j:image

最近描いた油絵だそう

 

 

自分の心のタンクを満たすこと

 

 “いいかい、人間の心にはタンクがあるんだ。そこのコーヒーカップを見てごらん。穴が空いたら中身が漏れてきてしまうだろ?人間も一緒で、辛いことがあって穴が空くとタンクの中身が減ってきてしまう。そうしたらまた注がなくちゃいけないんだ。何故ならそれが空になると周りが見えなくなってしまうからね。

 

では、どうやったらタンクに水を注げると思う?

それは、自分にエネルギーを与えることだ。自分の時間をもつこと、と言ってもいい。それは孤独とは違う。

ぼくの場合はサーフィンをすることなんだ。海水に潜って泳いだりしていると、心にエネルギーを与えられるんだ。好きだからやっていることだけど、海水に浄化作用があるということは科学的にも証明されているんだよ。後は、料理をすることと、毎日の瞑想も欠かせないね。

 

人と過ごす時間は常にエネルギーを消費するんだ。ひとみはマッサージの仕事をしているね?マッサージはすごく人に尽くす仕事だから、そればかりやっていたら自分のタンクが空になってしまう。

いいかい?

大切なことは、自分のタンクを満たす方法を知ることだ。

自分は何者なのか、どこからやってきたのか、どうしたら幸せを感じるのか、向き合ってみるといいよ。”

 

 

妻が大事にしていることを知ること

 

“この写真を見てごらん、これがぼくの妻だよ。どうだ、すごく綺麗だろ?ぼくは妻のことを心から愛している。

昨日の話なんだけど、妻が家に帰るなりすごく不機嫌だったんだ。

その時ぼくはどうしたと思う?

アクセサリーをプレゼントしたんだ。特に理由はないけど、贈り物をする。それがいいんだ。誕生日とか記念日だと予想できちゃうからね。

何より、妻はプレゼントをもらうことが大好きなんだ。

いいかい、パートナーと良好な関係を保つ秘訣は5つある。

 

一つ目はTouch[スキンシップ]

二つ目はGift[贈り物をすること]

三つ目はTime[時間を共有すること]

四つ目はAccess of Service[家事や掃除をすること]

五つ目はKind Words[優しい言葉をかけること]

 

これはぼくが考えたことではないけどね 笑

でも、真実だと思うんだ。

妻にとっては[贈り物]と[家事や掃除]が最優先なんだ。

ぼくはそれが分かっている。

だから車を洗っただけで、ものすごく喜んでくれるんだ。

人によって大切にしているものは違う。だから、本人から話してもらうしかない。

相手のことを知ろうとすること、耳を傾けることが重要なんだ。”

 

 

The Havenというカフェのコンセプト

 

“ここの空間は素敵だろう?友人のアイデアで、教会にカフェを併設したんだ。

名前は『The Haven』

サーフィン用語で「安全な場所」という意味なんだ。

波に囲まれていながらも、そこだけは平穏なポイント、そういった場所が海にはあるんだ。

現代社会はストレスが溢れている。そういった人たちがニュートラルでいられる場所をつくろう、そんなコンセプトでこのカフェをオープンしたんだよ。

コーヒーとデザートを用意しているんだけど、お金は払わなくても大丈夫。ドネーションスタイルなんだ。

払いたいと思ったら、払いたい金額だけ払ってくれたらいいし、別に払わなくたっていい。

疲れてるときだってあるだろうし、今にも壊れてしまいそうなときだってある。

そう考えるんなときはここにきて、何も考えずにコーヒーを飲んで欲しい。

ここは、愛の循環で成り立っているのさ。

 

しゅんもひとみも、今日でここの家族の一員になったからね。またいつでも帰っておいでよ。”

 

f:id:shunya7011:20180615151551j:image

集合写真。向かって左のコリンはなんと97歳…!!

 

 

▽インタビュアーよりコメント

インタビュー記事は今回が初めてだったのですが、いきなりすごい方にお会いしてしまいました。趣味がサーフィンの牧師さんというだけでインパクトが大きかったです

カフェは近所の方で賑わっていて、まさに家族に会いにくるような感じでスッと入ってきて、スッと帰っていく。コンセプトの通りストレスが全くなく、誰も携帯やパソコンは見ずに、終始会話に花を咲かせていました

 

ジョンから教わった人生を楽しむコツをまとめると、「自分を大切にすること」「家族を大切にすること」そして「出会う人たちを大切にすること」です

 

あと、仕事のメリハリをつけている点も注目でした。火曜日が休みで、日曜日が一番忙しい日。残りの5日間は休みではないけど、リラックスしながら仕事をしているんだそうです。この日もカフェでお客さんと混じって会話を楽しんでいましたが、「これも仕事のうちだからね」と嬉しそうに話してくれました

 

▽センス溢れるHPはこちら

http://www.moorepark.org.au