ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

人生初のロッククライミングで死を覚えた。忘れてはいけない持ち物リスト8選

おはようございます、シュンです。

 

 

先日のトライアスロンのブログでも紹介した"謎の山"

f:id:shunya7011:20170914175010j:plain

 

 

▽その時のブログ

coupleblog.hatenablog.com

 

 

 

その正体が判明しました。

 

グラスハウスマウンテンズという山々だそうです。

アボリジニーの聖地でもあるとか。

 

偶然にも知人のエコツアーガイドの方から登らないかと誘われて

妻とどうしようかと相談していたら

初心者でも登れる簡単な登山みたいなものだから、とプッシュされ

 

(なんだ、高尾山みたいなものか)

 

と安堵。ソッコーで返事を返して登山が決定しました。

 

 

▽Glass House Mountains

Craggy peaks that tower above the surrounding landscape are so significant that they are listed on the Queensland and National Heritage Register as a landscape of national significance. Walking tracks lead through open forests to lookouts offering panoramic views. There are challenging summit routes and opportunities for abseiling and rock climbing.

不揃いな山々からの景色はとても壮大で、クイーンズランド州の国の遺産として登録されています。森の遊歩道は、頂上からのパノラマビューへと導きます。アブザイレンやロッククライミングの機会もある、険しいルートが用意されています。

https://www.npsr.qld.gov.au/parks/glass-house-mountains/

 

 

 

 "ロッククライミングの機会もある、険しいルート"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んnnnnnn?

 

 

 

 

※ここからは写真でイメージして下さい

 

 f:id:shunya7011:20170917084732j:image

f:id:shunya7011:20170917084925j:image

f:id:shunya7011:20170917084755j:image

f:id:shunya7011:20170917202920j:image

f:id:shunya7011:20170917084806j:image

f:id:shunya7011:20170917084812j:image

f:id:shunya7011:20170917184216j:image

f:id:shunya7011:20170917184150j:image

f:id:shunya7011:20170917084830j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

命綱なしですよ?

 

怖かった...

久しぶりに足が震えた...

 

 

もう、滑るすべる。

落ちたらたぶん、それなりの怪我はするだろう。

最悪、死の危険性もある。

 

 

途中まで登ってきたあたりで更に傾斜は急になり、妻は大声で泣き出すし。

 

隣では謎のヨギーニが裸足でスイスイと登ってきて

彼氏と思われる人物が下で苦戦しながら「ファック!!」と叫んでいるし。

 

f:id:shunya7011:20170917202005j:image

 

上からは中国人のご家族が「その靴じゃ滑るから裸足の方がいいよ」と

10回くらい同じアドバイスをしつこくしてくるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カオスw

 

 

 

 

 

 

 

 

妻は岩に横たわって仏のような顔をしていました。

死の危険を感じたのでしょう。

 

 

 

ということで、下山です。

諦める、という選択肢をしたのはいつぶりでしょうか。

振り返ってみても英断だったと思います。

 

 

登山は常に死の危険性と隣り合わせ。

例え簡単な山でもしっかりとした装備をすることは、最低限のマナーと言えるでしょう。

 

 

 

ちなみにグラスハウスマウンテンズは、その名の通りいくつかの山が連なっていて

今回登ったbeerwah(ビアワー)はその中で最も険しい山。

 

帰り際に知人のエコツアーガイドの方から

「この山を登れるようになったらオーストラリアの山はどこでも登れるよ」

と言われ

(あれ?最初と言っていることが違う気がする…)

と思いましたが、考えないことにしました。

オージーとはそのようなものです。

 

 

◆ロッククライミング持ち物リスト

・滑らない靴(マスト)

・汚れてもいい動きやすい服装(汚れます)

・水(折りたためる容器が便利)

・軽食(エネルギー補給に必須)

・軽量リュックサック(身体にフィットするものがいいます)

・救急セット(ちょっとした擦り傷はつきものです)

・携帯電話(写真撮影と緊急電話用に)

・防寒具(出来れば撥水性があり、フード付きの折りたためるもの)

 

 

ひとまず、上記のものがあれば安心です。

これらすべてをコンパクトにまとめ”軽量化”することがポイントですね。

 

 

 

怖かったですが、誘ってくださった知人には本当に感謝。

自然の雄大さを思い知りました。

また挑戦したいような、したくないような...

しちゃうんだろうなぁ…

 

 

 

以上、オーストラリアの遊び方でした。