ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

ワーホリ帰国後にやりたいこと。就職?それとも…

先ほど、友人と電話をしていたのですが

「ワーホリ終わって日本に帰国したら何やりたい?」と質問されました。

 

その友人はちょうどワーホリが終わって帰国したところで、既に働き始めているのですが、色んな人の意見を聞いてこれから留学したい人とかにシェアしたいとのこと。

さすが、素晴らしい取り組みです!!

 

 

で、ぼくは妻とワーホリしているわけですが

今後2、3年の内に計画していることについて伝えました。

 

「こんなことがしたい、あんなことがしたい、将来はどこどこに住みたい」と

そこで気が付いたのですが

ぼくらが帰国後にやりたいことは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りたくない

 

 

 

 

 

 

という結論だったのです。

 

矛盾してるやん!!と思うかもしれませんが、事実です。

 

もっと噛み砕いていうと、帰国前の状態に戻りたくないんですよね。

要は、雇われたくない。

 

日本に帰ること自体はいいのですが

日本だけに留まって生活するのも何となく違う気がする、飽きそう。

 

 

だから結論としては

海外で生活しながら、3ヶ月くらい日本に帰る生活をしたい。

海外生活をメインにして、日本をサブにしたい。

言い換えると、帰りたくないんです。

 

 

もちろん現状のままでは無理ゲーかもしれないし、出来るかどうかは分からないけど、やってみたいという気持ちを尊重したい。

 

 

 f:id:shunya7011:20170916211804j:image

 

 

"二拠点生活"

 

 

かっこよくいうと

 

 

"デュアルライフ"

 

 

 

誰にもコントロールされずに、自分たちで仕事をつくって、理想のライフスタイルを追求していきたい。

 

 

 

「こんな生活が続けばいいね」

なんて会話をすることがあります。

それってつまりは、今が幸せってことで

夢が叶っている状態でもある。

なぜなら、夢を叶えることは幸せになることだから。

 

 

だったら、今の素直な気持ちを大事に抱えながらこの生活を続けられるように努力すればいいだけ。

帰りたくないなら、完全帰国しないで済むように行動するのみ。

 

 

 

 

 

 

感覚的に、周りの人で多いのは

やはり帰国後は就職するケースです。

同じ職種が多いイメージ。

 

そりゃそうですよね、新社会人じゃあるまいし、即戦力として働ける方が企業にとっても自分にとっても都合が良い。

何より、みんなその仕事を愛している。

仕事を愛しているけど、人生に悔いを残したくないから"ワーキングホリデー"という制度を使って来るんですね。

 

 

友人の取り組みが上手くいきますようにっ!!