ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

27歳の女性が亡くなる前に残した、すべての人が読むべき手紙

 今、オーストラリアで多くの人がシェアしている話です。

 

 

1月4日(木)の早朝に、27歳の女性がガンで亡くなりました。

 

 

その女性が亡くなる前に残した手紙を、ご遺族の方がFacebookに公開しました。

この 一週間で13.4万件のいいね、2万4000件のコメント

そして約10万件のシェアがされています。

 

その手紙の内容にとても考えさせられたので

日本語に翻訳して、少しでも多くの人に彼女の声を届けようと思い記事にしました。

 

全文を翻訳するとかなりの量になるので、内容は抜粋しています。

この記事の最後に全文を記載しているので、英語が読める方はそちらをどうぞ。

 

*以下のサイトでもコンパクトにまとめられていました。

 

 

 

▽『27歳の女性が亡くなる前に残した、すべての人が読むべき手紙』

www.mamamia.com.au

 

 

 

 

f:id:shunya7011:20180110112114j:plain

http://www.passionating.com/wp-content/uploads/2011/11/heaven.jpg

 

 

 

 

ホーリーから、人生のちょっとしたアドバイス

 

 

26歳という若さで、死と向き合い始めるというのは少し珍しいことかもしれません。

なぜなら、多くの人はこのことに目を背けて生きているからです。

毎日は当たり前のように過ぎていきます、まるでそれがずっと続くかのように。

 

 

私もいつか歳を重ね、シワができ、白髪になることを想像していました。

他の多くの人がそう考えるように、たくさんの子どもに囲まれ

愛に溢れた家庭を築くことをいつも考えていました。

しかし人生は儚く、貴重で、予想できないものです。

毎日を生きることは、与えられた権利ではなく贈り物なのです。

 

 

私は27歳です。

まだこの人生を終わらせたくない。

私は自分の人生を愛していて、とても幸せなのです。

でも、もう私にはコントロールすることはできません。

 

 

私はただみんなに、些細で意味のないようなことにあまり心配しないで欲しいのです。

そして覚えておいて下さい。

最後にはみんな同じ運命が待っているということを。

なのであなたの時間を、価値のある素晴らしいと感じることに使って欲しいのです。

嫌だと思うことはしなくていいのです。

 

 

些細なことには寛大でいてください。

もちろんイライラすることはあると思いますが、引きずらないでください。

そのようなことで、周り人々の人生に悪い影響を与えないようにしてください。

イライラしてしまう時は外に出て深呼吸をして、新鮮なオーストラリアの空気を

胸いっぱいに吸い込んで下さい。

そして空の青さを、木々の緑を見てください。それらはとても美しいものです。

考えてみてください。

呼吸ができること、その素晴らしさを。

 

 

もしかしたら今日、渋滞につかまってしまったかもしれませんね。

あなたの愛おしい赤ちゃんが泣きわめくせいで、よく眠れなかったかもしれません。

美容師があなたの髪を短く切りすぎたかもしれないし

変えたばかりのネイルが欠けていたかもしれません。

自分の容姿が気に入らない人もいるかもしれません。

 

 

しかしそれらのことは些細なことです。

あなたが人生の終わりを迎える時、そんなことは考えないと断言できます。

人生全体で見れば、これらのことは本当にどうでもいいことです。

私の身体は日を追うごとに、どんどん痩せ細っていきますが

私の願いは、もう一度だけ家族と誕生日を過ごしたい

もう一度だけクリスマスを迎えたい

もう一度だけパートナーと過ごしたい

それだけです。

たったもう一度だけでいいから。

 

 

仕事がどれだけ大変だったか、エクササイズがどれだけハードだったかなどの

不満を訴える人がいますが、まずは身体が満足に動くことに感謝してください。

たとえ理想の体型でなかったとしても、健康でいられること

身体が機能すること、それだけで素晴らしいことなのです。

食べ過ぎに注意して、適度に運動をし、新鮮な食事で十分な栄養を与えてください。

 

 

そして、お互いを助け合いましょう。

 

 

与えて、与えて、与えるのです。

他者に与えることで得られる幸せは、この上ないものです。

私ももっとそれをしたかった。

病気になってから、多くの人が私をサポートしてくれました。

とても返しきれるものではありません。

そのことを私は一生忘れないでしょう。

 

 

あなたが死ぬときにお金を持っていてもなんの意味もありません。

自分の服を買う代わりに、誰かのためにそのお金を使いましょう。

あなたが同じ服を着ていても、誰も気にしません。

何より大切な人を食事に連れていったり、贈り物をすることは気持ちの良いことです。

その際に、大切に想っているという気持ちを伝えましょう。

 

 

自分のためにお金を使う際は、モノではなく経験に使いましょう。

ビーチに行って足を水につけ、つま先で砂を掘り、顔を海水につけてください。

自然を感じてください。

携帯の画面ばかり見るのではなく、ただその瞬間を楽しむようにしてください。

人生とは画面を通して生きることではないし、完璧な写真を撮ることでもありません。

大切な人との血の通う時間を大切にしてください。

 

 

早起きをして、鳥のさえずりに耳をすまし、朝日の美しい色を眺めるのです。

 

音楽を聴いてください。音楽はセラピーです。

 

犬を抱きしめてください。

 

携帯を置いて、友達と話をしましょう。

 

旅をしたいならしましょう。

 

生きるために働いてください、働くために生きてはいけません。

 

心が幸せに感じることをしてください。

 

ケーキだって食べていいのです。何の罪悪感もありません。

 

やりたくないことには、やりたくないと言いましょう。

 

他の人が考える理想の人生にプレッシャーを感じなくても大丈夫です。

 

平凡な人生を望んでも全く構いません。

 

愛する人に、毎日愛を込めて、愛していると伝えましょう。

 

 

そして覚えていてください。

もし何かが、あなたを惨めな気持ちにさせているなら

ーそれが仕事や恋愛など何であれ

あなたにはそれを変える力があります。

変える勇気をもって下さい。

この地球であとどれくらい生きられるか分からないのだから

そのようなことで時間を無駄にしてはいけません。

多くの人が同じことを言っていますが、これ以上の真実はないと思います。

 

 

とにかく、これは一人の若い女性からの人生のアドバイスです。

覚えていてくれても、忘れても、私は構いません。

 

 

あと最後に一つだけ、もし可能なら定期的に献血をしてください。

見過ごされがちだけど、一回の献血で3人の命が救えるのです。

これはすべての人が持つとても偉大な力です。

献血のおかげで、私は一年間も長く生きることができました。

大切な人たちと過ごすことができたこの一年間を、私は一生忘れません。

それは、私の人生で最も素晴らしい一年でした。

 

 

それでは、また会う日まで。

 

 

ホーリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

最後に、原文を載せておきます。

 

 

 

*

*

*

*

A bit of life advice from Hol:

 

It’s a strange thing to realise and accept your mortality at 26 years young. It’s just one of those things you ignore. The days tick by and you just expect they will keep on coming; Until the unexpected happens. I always imagined myself growing old, wrinkled and grey- most likely caused by the beautiful family (lots of kiddies) I planned on building with the love of my life. I want that so bad it hurts.

 

That’s the thing about life; It is fragile, precious and unpredictable and each day is a gift, not a given right.

 

I’m 27 now. I don’t want to go. I love my life. I am happy.. I owe that to my loved ones. But the control is out of my hands.

 

I haven’t started this ‘note before I die’ so that death is feared - I like the fact that we are mostly ignorant to it’s inevitability.. Except when I want to talk about it and it is treated like a ‘taboo’ topic that will never happen to any of us.. That’s been a bit tough. I just want people to stop worrying so much about the small, meaningless stresses in life and try to remember that we all have the same fate after it all so do what you can to make your time feel worthy and great, minus the bullshit.

 

I have dropped lots of my thoughts below as I have had a lot of time to ponder life these last few months. Of course it’s the middle of the night when these random things pop in my head most!

 

Those times you are whinging about ridiculous things (something I have noticed so much these past few months), just think about someone who is really facing a problem. Be grateful for your minor issue and get over it. It’s okay to acknowledge that something is annoying but try not to carry on about it and negatively effect other people’s days.

 

Once you do that, get out there and take a freaking big breath of that fresh Aussie air deep in your lungs, look at how blue the sky is and how green the trees are; It is so beautiful. Think how lucky you are to be able to do just that - breathe.

 

You might have got caught in bad traffic today, or had a bad sleep because your beautiful babies kept you awake, or your hairdresser cut your hair too short. Your new fake nails might have got a chip, your boobs are too small, or you have cellulite on your arse and your belly is wobbling.

 

Let all that shit go.. I swear you will not be thinking of those things when it is your turn to go. It is all SO insignificant when you look at life as a whole. I’m watching my body waste away right before my eyes with nothing I can do about it and all I wish for now is that I could have just one more Birthday or Christmas with my family, or just one more day with my partner and dog. Just one more.

 

I hear people complaining about how terrible work is or about how hard it is to exercise - Be grateful you are physically able to. Work and exercise may seem like such trivial things ... until your body doesn’t allow you to do either of them.

 

I tried to live a healthy life, in fact, that was probably my major passion. Appreciate your good health and functioning body- even if it isn’t your ideal size. Look after it and embrace how amazing it is. Move it and nourish it with fresh food. Don’t obsess over it.

 

Remember there are more aspects to good health than the physical body.. work just as hard on finding your mental, emotional and spiritual happiness too. That way you might realise just how insignificant and unimportant having this stupidly portrayed perfect social media body really is.. While on this topic, delete any account that pops up on your news feeds that gives you any sense of feeling shit about yourself. Friend or not.. Be ruthless for your own well-being.

 

Be grateful for each day you don’t have pain and even the days where you are unwell with man flu, a sore back or a sprained ankle, accept it is shit but be thankful it isn’t life threatening and will go away.

 

Whinge less, people! .. And help each other more.

 

Give, give, give. It is true that you gain more happiness doing things for others than doing them for yourself. I wish I did this more. Since I have been sick, I have met the most incredibly giving and kind people and been the receiver of the most thoughtful and loving words and support from my family, friends and strangers; More than I could I ever give in return. I will never forget this and will be forever grateful to all of these people.

 

It is a weird thing having money to spend at the end.. when you’re dying. It’s not a time you go out and buy material things that you usually would, like a new dress. It makes you think how silly it is that we think it is worth spending so much money on new clothes and ‘things’ in our lives.

 

Buy your friend something kind instead of another dress, beauty product or jewellery for that next wedding. 1. No-one cares if you wear the same thing twice 2. It feels good. Take them out for a meal, or better yet, cook them a meal. Shout their coffee. Give/ buy them a plant, a massage or a candle and tell them you love them when you give it to them.

 

Value other people’s time. Don’t keep them waiting because you are shit at being on time. Get ready earlier if you are one of those people and appreciate that your friends want to share their time with you, not sit by themselves, waiting on a mate. You will gain respect too! Amen sister.

 

This year, our family agreed to do no presents and despite the tree looking rather sad and empty (I nearly cracked Christmas Eve!), it was so nice because people didn’t have the pressure of shopping and the effort went into writing a nice card for each other. Plus imagine my family trying to buy me a present knowing they would probably end up with it themselves.. strange! It might seem lame but those cards mean more to me than any impulse purchase could. Mind you, it was also easier to do in our house because we had no little kiddies there. Anyway, moral of the story- presents are not needed for a meaningful Christmas. Moving on.

 

Use your money on experiences.. Or at least don’t miss out on experiences because you spent all your money on material shit.

 

Put in the effort to do that day trip to the beach you keep putting off. Dip your feet in the water and dig your toes in the sand. Wet your face with salt water.

 

Get amongst nature.

 

Try just enjoying and being in moments rather than capturing them through the screen of your phone. Life isn’t meant to be lived through a screen nor is it about getting the perfect photo.. enjoy the bloody moment, people! Stop trying to capture it for everyone else.

 

Random rhetorical question. Are those several hours you spend doing your hair and make up each day or to go out for one night really worth it? I’ve never understood this about females.

 

Get up early sometimes and listen to the birds while you watch the beautiful colours the sun makes as it rises.

 

Listen to music.. really listen. Music is therapy. Old is best.

 

Cuddle your dog. Far out, I will miss that.

 

Talk to your friends. Put down your phone. Are they doing okay?

 

Travel if it’s your desire, don’t if it’s not.

 

Work to live, don’t live to work.

 

Seriously, do what makes your heart feel happy.

 

Eat the cake. Zero guilt.

 

Say no to things you really don’t want to do.

 

Don’t feel pressured to do what other people might think is a fulfilling life.. you might want a mediocre life and that is so okay.

 

Tell your loved ones you love them every time you get the chance and love them with everything you have.

 

Also, remember if something is making you miserable, you do have the power to change it - in work or love or whatever it may be. Have the guts to change. You don’t know how much time you’ve got on this earth so don’t waste it being miserable. I know that is said all the time but it couldn’t be more true.

 

Anyway, that’s just this one young gals life advice. Take it or leave it, I don’t mind!

 

Oh and one last thing, if you can, do a good deed for humanity (and myself) and start regularly donating blood. It will make you feel good with the added bonus of saving lives. I feel like it is something that is so overlooked considering every donation can save 3 lives! That is a massive impact each person can have and the process really is so simple.

 

Blood donation (more bags than I could keep up with counting) helped keep me alive for an extra year - a year I will be forever grateful that I got to spend it here on Earth with my family, friends and dog. A year I had some of the greatest times of my life.

 

..’Til we meet again.

 

Hol

 

Xoxo

*

*

*

*

 

 

 

心より、ご冥福をお祈りします。

 

 

 

2017年振り返り「もっとこうしておけば良かったベスト5」

こんにちは、シュンです。

 

 

もうすぐ2017年も終わり、ぼくのFacebookは友人・知人の年末振り返りで賑わっております。

みんな「いい一年だった!!」「頑張った自分にご褒美だ!!」と口を揃えて大成功アピールをしてくるので、ここは敢えてネガティブに

 

「もっとこうしておけば良かった…!」

 

という反省の文章を書いておこうと思います。

 

 

 f:id:shunya7011:20171231154947j:image

 

 

 目次

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなに携帯を見るんじゃなかった

パッと思いついたのはこれ。

たぶん、同じような意見を持っている人も少なくないのではないでしょうか?

現在オーストラリアに住んでいるのですが、移住した目的のひとつに

「人混みやデジタルの喧騒から離れたい」というものがありました。

しかし、未だに気がつけばFacebookInstagramを見てしまいますね。。

いや、SNS自体は便利なので否定はしません、ぼくもこうしてブログを書いているわけですし。

ただし、「目的をもって活用する」のと「ついつい見てしまう」のでは時間の濃度が違います。

 

朝起きたらとりあえず携帯を見るのではなく

10分間の散歩をして外の空気を吸った方がいい一日のスタートになる。

 

隙間時間を見つけてFacebookを開くのではなく

少しでも読書をした方が身につくことは多い。

 

寝る前にベッドでInstagramを眺めるのではなく

今日どんな一日だったか妻のひとみと話し合う方が気持ちよく眠れる。

 

2018年は「SNSをうまく活用する」一年にしたい。

 

 

 

 

 

もっと朝の時間を活用すれば良かった

これも留学する際に決意したこと。

ぼくは特に、早寝早起きすると調子が良い。

感覚的には夜9時に寝て朝5時に起きる(8時間睡眠)といい感じ。

遅くとも、10時就寝の6時起きは厳守したいところ。

これには科学的な根拠もあって、体内時計が正常な場合は夜10時以降に

メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されるため、質の良い睡眠が取れるのです。

例えば朝5時に起きて2時間ほど読書や勉強などのやりたいことに費やせば

一ヶ月で60時間、一年間で720時間が新たに捻出されます。

720時間といえば、何かを達成する為に十分な時間ではないでしょうか?

ぼくは来年、この埋もれていた720時間を新しいことへのチャレンジに投資します。

 

2018年は「朝の時間を有効活用する」一年にしたい。

 

 

 

 

 

 

もっと読書すれば良かった

「読書をすることは、ちょうど旅をすることに似ている」

という言葉があったような、なかったような。。

実際、本の世界の見たこともない話にワクワクして夢を膨らませたものでした。

世界中を旅したいと考えるようになったのも本のおかげ、

健康に興味をもったきっかけも一冊の本との出会いでした。

新しい世界への扉を開いてくれるのも本、

ひとつの知識を深めさせてくれるのも本、

読書をしないことで、多くの機会を知らず知らずに失っているのかもしれません。

中には一日一冊のペースで読むという強者もいるそうですが

習慣になるまでは無理のないペースでいこうと思います。

 

2018年は「二週間に一冊のペースで読書をする」一年にしたい。

 

 

 

 

 

もっとトライアスロンの練習をすれば良かった

残りの二つは完全に個人的なことですが、、

11月に2年ぶりとなるトライアスロンのレースに参加しました。

距離はミドルディスタンスと言われるもので

スイム1.9km / バイク90km / ラン21km を制限時間内に走破します。

結果的に7時間近くかかって完走はしたのですが

内容は散々なものでした。応援してくれたひとみに申し訳なかったです。

原因は二つあって、一つは「久しぶりのトライアスロンで色々と忘れていた」こと

もう一つは「過去に完走していたので、甘くみていた」こと。

文字通り、もっと真剣に練習すれば良かったと後悔しました。

 

来年はロングディスタンスと言われる、今回の倍の距離のレースに挑みます。

計画的に、効率的な練習をしなければ完走すらままならないでしょう。

 

2018年は「IRONMANレースを気持ちよく完走する」一年にしたいです。

 

 

 

 

 

もっとブログを更新できたら良かった

最後はこれ。

1月にブログ登録し、8月から本腰を入れてスタート。

二日に一回以上のペースで投稿を続けるも、途中で断念。

もはや月に一回のペースになってしまった。

誰も読んでいないならそれでもいいのかもしれないけれど

たまに「ブログ読みましたよ〜」とか、ブログをきっかけに話が盛り上がったり

最近では著名人にシェアしていただいたりと

「ブログやっていて良かった」と思う瞬間があるんです。

収益を上げるレベルまではまだまだですが、人間関係に何かしらのスパイスを

与えてくれる手段にはなってきているようです。

来年は更新の頻度を上げると同時に、デザインにも注力していこうと考えてます。

 

 

▽こちらが、マツダミヒロさんご本人にシェアしてもらい拡散した記事

coupleblog.hatenablog.com

 

 

 

2018年は「ブログを月に10件投稿する」一年にしたいです。

 

 

 

 

 

まとめ

書き出してみて思いましたが、この方法かなりいいです。

いつも新年を迎えると新しい目標を立てていましたが

当然ながら今年と来年は繋がっています。

2017年と2018年は決して切り離された年ではありません。

そうであるならば、2017年に達成できなかったことは翌年に引き継いで

そのまま挑戦し続けるべきです。

特にぼくの場合、「携帯を見ない」や「朝型生活にする」といった目標は

達成しない限り一生つきまとうと思うので、早めにケリをつけたいです。

 

「できなかったこと」を書き出すことは決してネガティブなことではなく

自分と向き合い、本来実現したい目標がみえてくる

シンプルかつ強力な方法なのかもしれません。

 

ということで、ぼくの2018年の目標は

SNSをうまく活用する

・朝の時間を有効活用する

・二週間に一冊のペースで読書をする

・IRONMANレースを気持ちよく完走する

・ブログを月に10件投稿する

 

で、決まりました。

他にもいくつかありますが、それはまたの機会に。

ぜひみなさんもやってみて下さい。

 

 

 

「2017年、達成できなかったことは何ですか?」

 

 

「時間」と「場所」にとらわれずに働く ー 理想の夫婦に会ってきたら、あまりの格の違いに愕然とした

こんにちは、シュンです。

  

先日ある大きな出来事があり、それを伝えずにはいられないので久しぶりに筆をとりました。

 

少し長文ですが、読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

その大きな出来事とは、著名人に会ってまいりました。

夫婦で時間と場所にとらわれずにご活躍されている

魔法の質問」主宰で、質問家、ライフトラベラーカフェのマツダミヒロさんと

ホリスティックファッションコーチ」の松田和佳奈さんです。

 

▽お二人のことを知った記事はこちら

solopro.biz

 

 

 

 

ある日、いつものように妻のひとみからひらめきメールがきました。

 

 

このお二人の関係が素敵すぎる!そして私達の理想の夫婦像に近くない!?会いたい会いたい会いたいっ!!!!

 

だけど、年間300日を海外で過ごしている夫婦にどうやって会うの?

 

 

 

ひとまず、お二人のことを知ろうと思い

ブログを読んだりYoutubeを観たりFacebookをフォローしてみたり、、

 

すると

 

バイロンベイに来ているではないか!!

バイロンベイは、ぼくたちの住んでいるブリスベンから180kmくらい離れたところ。

 

世界中を飛び回っている夫婦が、たまたまオーストラリアに来ている。。しかも、バイロンベイなら車で行ける距離。

 

 

あまりの奇跡に驚き、何かのご縁も感じ、ひとまずダメ元で連絡してみることに。

 

 

しばらくすると返事がきました。

 

 

 

 

 

ランチでもしますか?

 

 

 な、なんと…!!!!!!!!!!

 

 

経済的にも、経験値も、全てが桁違いに豊かなご夫婦が、ぼくたちのために時間を使ってくれるという奇跡。

ひとみは心臓が止まりそうになっていました。

大げさではなく、人生を変える出逢いになるかもしれない。

 

※今回はたまたま空き時間があったので会っていただくことが出来ました。誰でも会えるわけではないと思います。ただ、ご縁があれば会うべきタイミングでそのチャンスは来ると思います。

 

  

失礼ながら、お二人のことを昔から知っていたわけではないので、ファンというにはあまりにも情報不足でした。

 

でも先に全てを知ってしまうと、せっかくの貴重な時間が答え合わせになってしまいそうな気がして、失礼のないよう最低限のことだけを調べて当日は自分たちをどんどん出していこうと決意。

 

目的はお二人のエネルギーを感じること。

そして、自分達の中の「当たり前」の壁を壊すこと。

 

 

迎えた当日。

場所はオーストラリアで一番フィッシュ&チップスが美味しいと評判のFish headsにて。

 

 

最初は緊張していたけど、お二人がぼくたちの目線に降りて話をして下さったので、時間が経つにつれどんどん楽しくなっていきました。

精神的な距離感を感じさせないように配慮してくださったのかもしれません。

 

そして、質問家のミヒロさんは話の聞き方が本当に巧みで、相手の目を見て、適切なタイミングで相槌を打ってくれる。

気持ちよく話すことが出来ました。

 

和佳奈さんは話をまとめたり、想いを言葉にのせるのがお上手で話を聞いていて心地よく、うんうんと何回頷いたことか。

 

和佳奈さんの言葉で特に心に響いたのが、

 

 

どうゆう形で社会に貢献していきたいのかが大切。それが自分の中でしっかり定まっているなら、仕事の内容に関係なく幸せになれる。

 

ドキッとしました。

 

「あなたはどんな形で社会に価値を提供できるの?」と聞かれている気がして。

「本当にやりたいことは何?やらなくていいことに時間を使ってない?」と問われている気がして。

 

 

 

そして、いよいよ本題。

 

 

「年間300日を夫婦で旅しながら稼ぐとはどうゆうことなのか」

 

 

というのも、場所にとらわれずに働くというスタイルは、正に僕たち夫婦の憧れのライフスタイルだから。

それを実現しているお二人の話を聞いて「あっ、出来るかも」と思えるようになりたいから。

 

 

 

答えは意外なものでした。

 

 

 

 

そもそも旅をしながら働いているわけではなく、この生活を目指して頑張ってきたわけでもないよ。ひとつひとつのご縁に感謝して、目の前の人を大切にしようと思って活動していたら、振り返ってみるとこうゆう生活になっただけ。 

 

 

 

 

 

えっ!?

 

正直なところ、想定外の回答に度肝を抜かれました。

 

確かにお二人は海外の食事や文化が好きだけど、ほとんどの時間を海外で過ごすという生活を目指してきたわけではない、ということ。

今が偶然にも海外にいる時間が多いだけで、将来どうなっているかは分からない。

どこにいても大切にしていることは一緒で、目の前のご縁に感謝し、その人に全力を尽くすことなのだと。

 

 

 

"場所にとらわれずに働く"ことの本質を見た気がしました。

 

 

 

そして先ほどのミヒロさんの答えには、これからの自分達の将来のヒントが詰まっていました。

 

ここからは、ぼくなりの解釈になりますが

「夢はみるものではなく、実現するもの」

ということ。

 

 

どういうことかと言うと

例えばぼくたちは夫婦で世界中を見て回りながら、お金も稼いで生活したいと思っています。それこそ年間300日を海外で暮らし、残りを日本という生活に憧れをもっています。

 

でも、それだとまだ「夢をみている」段階なんですよね。

 

こうゆう生活ができたらいいなって、ひとみと話し合うのが楽しくて、その夢があるだけで希望を感じるんです。

あまりにも憧れが強すぎるせいで、すごく遠くに感じている状態です。

 

でも、そうではない。

 

もっと気軽にやったらいい。

 

世界を周りながら生活することなんて、別にすごくも何ともない。

 

それが当たり前の暮らしにすればいい。

 

パズルのピースがはまったような感覚でした。

 

 

 

 

要するにあまりに憧れが強すぎたり、大きな夢だと感じてしまうと、本当に遠くになってしまうということ。

 

ぼくはこの夢があることで何だか安心していたし、心のどこかで「叶ったら終わってしまう」という寂しさもあったのかもしれません。

 

 

 

大丈夫、夢はそんなに遠くない。

 

その距離は自分の意識が作り出しているだけ。

 

 

 

▽そういえば、過去にそんな記事を書いていました。

coupleblog.hatenablog.com

 

 

 

 

最後になりますが、今回お二人から素敵なプレゼントを頂きました。

じゃんっ!!

 

 f:id:shunya7011:20171224140113j:image

 

魔法の質問「Love Card」です。

簡潔にいうと、この質問に答えていくとパートナーとの関係性が向上するというものです。

カップルでも、夫婦でも、シングルでも構いません。

実際、その場で少し試させて頂きましたが、ひとみのことを知っているようで、実はまだまだ知らないことも多いことに気がつきました。

 

そして、このカードを頂いた時にすごくいいタイミングだなと感じました。

 

というのも、ちょうど自分の提供できる価値ってなんだろうと悩んでいて、唯一自信をもってこれだ!と言えるのは"ひとみとの関係性"くらいだったからです。

実際、ありがたいことに多くの方々から理想の夫婦だと言われます。

 

職業で愛妻家とかあったらいいのにな〜とか、ひとみのこと好き好き言って仕事にならないかな〜とか、ふざけたことを話していたのですが

もしかしたらパートナーシップのことなら、社会に貢献できるかもしれない…!

 

 

ということで、早速ですがワークショップを開催します!!

日時はまだ未定ですが、少人数開催、場所はおそらくブリスベンのぼくたちの家で。

新しい試みでどんな化学反応が起きるか分からないのでワクワクします。

ひとみとの関係性が年々いいものになっていくのは運だけではなく、きちんとした理由があってのことです。

そのあたりのこともお伝えできたらと思います。

 

▽こんな人にオススメかも

・より良いパートナーシップを築きたい

・理想のパートナーに出会いたい

・何だか気になる

 

先に断っておくと、特別なことをするわけではなく質問に答えていくだけです。

人によっては楽しかったで終わるかもしれませんし、はたまた魔法にかかったように人生が変わる人もいるかもしれません。

ぼくたちもどうなるか想像が出来ず、とにかく楽しみです。

 

ご興味のある方、どなたでもご連絡お待ちしております。

 f:id:shunya7011:20171225103219j:image

今回、ぼくたちもお役に立てることがあればと思いながら会話させていただきましたが、全く歯が立たないほどに与えられてばかりでした。

 

まずお話の引き出しが沢山。圧倒的な情報量と人脈と日常のご生活も、何から何まで見ている世界が違いました。

 

そして貴重なお時間を割いていただいたので、もちろんランチ代はお支払いするつもりで、お礼のプレゼントも用意していましたが、まさかのランチをご馳走していただいた上に、お二人からもプレゼントをいただいてしまいました。

一度も会ったことがない平凡な夫婦に対してですよ?


器が大きすぎます。

 

お二人は金銭的な面だけではなく、心まで豊かで、とても穏やかなお人柄でした。
次回お会いできる機会があれば、喜んでいただけるような価値を提供できるようになりたいです。

 

挑戦はつづく。

 

電波も届かない秘境の地、クリスタルウォーターズはまるで異世界だった

久しぶりの投稿になってしまった。

この一ヶ月は遊びと仕事とトレーニングの両立でそれなりに忙しかった(ように思う)。そして、その中でも最も感動したのが1泊2日で訪れたクリスタルウォーターズエコビレッジという場所。名前からすると随分ときらびやかな場所のように聞こえるかもしれないが、実際は電波も届かない、自給自足の暮らしを実践する人々の集まる秘境の地。

今回この場所に訪れようと思ったきっかけは「パーマカルチャー」の体験。

 

▽パーマカルチャーとは

パーマカルチャーとは、オーストラリアのビル・モリソンとデビット・ホルムグレンが構築した人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系のことです。

この言葉は、パーマネント(永久な)とアグリカルチャ-(農業)あるいはカルチャー(文化)を組み合わせた造語です。

パーマカルチャーの祖、ビル・モリソンは、パーマカルチャーの目的を「地球を森で覆い尽くす」ことと言った。

人類が永久に存在し続けるために、農薬などで土地を痛めることなく、自然の恩恵を最大限に受けることに注力していく時代となりつつある。

パーマカルチャーは、伝統的な農業の知恵を学び、現代の科学的・技術的な知識をも組み合わせて、通常の自然よりも高い生産性を持った『耕された生態系』を作り出すとともに、人間の精神や、社会構造をも包括した『永続する文化』をかたちづくる手法である。 

http://www.ultraman.gr.jp/perma/howpermacultre.htm

 

つまり地球と人間、双方にとって健康的で持続可能な暮らしのこと。 

ぼくとひとみの理想とする暮らしにかなり近いと思い、知人に紹介された時からウキウキが止まりませんでした。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171106085617j:image

 

 

 

このクリスタルウォーターズという場所はブリスベンから北へ約100km、車で1時間半くらい行ったところにあります。(ぼくたちは車がないので、行けるところまでは電車で向かい、そこからは交渉して送迎してもらいました。)

 

 

 

f:id:shunya7011:20171105145119p:image

 

 

 

エコビレッジに近づくにつれてその景色はどんどん広大になっていき、突然現れる池や湖、どこまでも広がる緑の草原、幸せそうな馬や牛の群れ、まるでアルプスの少女ハイジ天空の城ラピュタのような、映画の世界に迷い込んだような幻想的な風景。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171105145503j:image

 

f:id:shunya7011:20171106085127j:image

 

f:id:shunya7011:20171105145506j:image

  

 

 

この村に入るための入り口は基本的にひとつのみ。綺麗な川に跨ぐ小さな橋を越えるといよいよクリスタルウォーターズエコビレッジに到着です。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171106085503j:image

 

f:id:shunya7011:20171106090445j:image

 

 

 

驚いたことはいくつもありますが、まずは電波が通っていません。そのためデジタルデトックスもできて最高でした。いずれ携帯も手放したいと考えているので、その意味でも電波の通っていないこの村はまさに理想郷。

携帯を見る時間がなくなると、自然とひとみとの会話が増える。目や脳を酷使せずに済むので、質のいい睡眠をたっぷりとれました。

 

 

 f:id:shunya7011:20171106063145j:image

 

 

 

次に、野生のワラビーやカンガルーがそこら中に。人間だけでなく、動物たちも本当に幸せそう。数種類の鳥たちの大合唱に、広大な敷地を独り占めしている馬や牛。見ているだけで心から癒されました。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171105150011j:image

 

f:id:shunya7011:20171105150616j:image

 

 

 

そして何より、そこに住む人たちが幸せに満ち溢れていました。すれ違えば必ず手を振ってあいさつ。常にみんな笑顔で、携帯を見ながら生活している人なんて一人もいない。ハグや握手をして、最近どう?と当たり前の話をしているだけなのに、見ていて何だかほっこりする。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171105151204j:image

 

 

 

翌日は月に一度のマーケット。このマーケットに合わせて宿泊したのだけど、これが大正解。こんな幸せでナチュラルで笑顔の絶えないマーケットは初めて。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171106085224j:image

 

f:id:shunya7011:20171105151547j:image

 

 

 

焼きたてのパンにコーヒー。

野外ミュージックにナチュラルな人々。

もう、最高すぎる。

 

歩いているだけで、座っているだけで、みんなが話しかけてくる。

あの空間には、境界線というものが存在していなかった。目があったらニコッと笑って握手と自己紹介。世間話でもしながら幸せを分かち合う。その繰り返し。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171105151601j:image

 

 

 

特に印象に残ったのが、村で唯一の日本人のKさん。

 

奥さんとお子さんと3人でクリスタルウォーターズに住んでいるとのこと。パーマカルチャーに興味があってこの村を訪れ、そのまま住むことに。

「もう他のコミュニティには移れないよね〜」と、幸せそうに話してくれました。

仕事は近くの街で週に3日だけ、寿司を作って販売しているとのこと。他の時間は奥さんとお子さんと過ごすために使いたいと。2人とも携帯を手放してもう3年経つというから驚きです。

 

何が印象に残ったって、ライフスタイルを最優先に過ごしていること。

 

寿司屋さんというバックグラウンドなんて特別なく、成り行きですることになったら上手くいったという感じ。

仕事ではなく、まず生活を優先にするためにクリスタルウォーターズへ。

仕事はその後についてきたっていう感じでした。

(もちろん、物事を引き寄せる鋭いアンテナがあってのことだと思います。)

 

これこそが、ぼくらが理想とする

"ワークスタイルではなくライフスタイルを優先した暮らし"

日本に住んでいた時は先に仕事があって、職場の近くに住むことが当たり前だった。

でもこれからは実現したいライフスタイル、住んでみたいと思う魅力的な場所が先にあって、仕事はその後に「さて、どうやって生計を立てようか」でいいと思う。

 

既に実践している日本人に出会えて、興奮しないわけがありません。

また必ず会いに行きたい。

 

現実的に実践できそうなところだと、週に4日はシティで残り3日は自然豊かな場所でキャンプ生活とかかなぁ。。

 

 

 

f:id:shunya7011:20171106085359j:image

 

 f:id:shunya7011:20171106085331j:image

 

 

 

旅行でクリスタルウォーターズに行くのは難易度が高いかもしれませんが、もしブリスベンに住んでいて、パーマカルチャーに興味がある方には強くお勧めします。

まるで、あれは夢だったんじゃないかと思うほどに感動するはず。

【後編】血液検査の衝撃の結果と、どう改善したらいいかについて

今回は血液検査の結果について記載していこうと思います。

写真から見て分かる通り、ぼくの赤血球は隣同士がくっついていますよね。

これがいわゆるドロドロの状態。

正式名称は連銭形成というそうです。

硬化が連なっているように見えることからそう呼ばれています。

 

f:id:shunya7011:20171020091107j:image

まさか自分の赤血球に限ってドロドロだなんて…。。

 

 

▽ちなみにサラサラの赤血球はこんな感じ

 f:id:shunya7011:20171021133116p:image

※ひとみの赤血球の写真です。

「載せてもいいからね?」としつこく言ってくるので載せます。

 

 

では、今回はこの血液検査からどんなことが分かるのか説明していきます。

 

 

▽【前編】の記事はこちら 

coupleblog.hatenablog.com

 

 

 

 

目次

 

 

 

血液検査の結果は

結論から言うと、ぼくの身体は炎症を起こしているとのことでした。

また、酸性に傾いている状態ともいえます。

 

▽炎症とは?

私たちの体は日々いろいろな刺激物や外敵にさらされています。炎症とは摂取する食物を通して、また取り巻く環境を通して、何らかの有害な刺激を受けた時に起こる体の防御反応の事です。有害な刺激としては、細菌やウイルスなどの病原体や、やけどや放射線などの物理的な刺激、酸やアルカリ・薬物、アルコール、添加物などの化学的な刺激、その他アレルギー反応などがあります。炎症が起こった時に生体が引き起こす反応(炎症反応)としては、局所の発赤・熱感・腫れ・むくみ・痛みがありますが、これらの反応は、有害な刺激から体を防御し、立ち直るための反応といえるでしょう。

 

赤血球は体内に酸素や栄養素を運んでくれるとても大切な役割がありますね。

しかし赤血球が重なりあっていると表面積が狭くなり、結果として十分に酸素や栄養素を運べない状態になっています。

この状態の身体の兆候としては、疲れやすい、血行不良、冷え性集中力の低下、息切れなどが見られるとのこと。

 

 

では、身体が炎症を起こしている原因は何か?

 

 

考えられるものとしては、

肉体的ストレス、精神的ストレス、感染症、アレルギー、有毒成分、消化機能障害、高脂肪食、カフェイン飲料、また食事の偏りや不摂生との関わりがあるとのこと。

 

 

赤字の部分はまさにぼくに当てはまること。

詳細は省略しますが、他にも赤血球凝集、楕円赤血球、小赤血球など

いくつかの赤血球異常が見られました。

どれも程度は高くはないけど、やはり正常であって欲しいですよね。

 

 

 

 

どんな食事を心掛けたら良いか

まずはビタミン、ミネラルが必須とのこと。

中でも、鉄分、葉酸ビタミンB12赤血球の形成に欠かせません。

不足すると酸素がうまく運ばれず、疲れやすくなったり、めまいや免疫力の低下も招きます。

鉄分は肉類に多く含まれますが、野菜などに含まれるノン・ヘム鉄は身体に吸収されにくいそうです。

またビタミンB12も肉類、魚類、乳製品などの動物性食品に多く含まれ、植物性食品にはほとんど含まれていません。

 

 

▽それぞれの栄養素を含む代表例

・鉄分(ヘム鉄):肉類(牛肉、鶏肉、レバーなど)、魚介類(イワシ、鮭、ツナなど) ※鉄分はビタミンCと摂ると吸収効率がいいです

ビタミンB12:海老、イワシ、鮭、ラム肉、牛肉、乳製品、卵黄

葉酸緑黄色野菜(特に濃い緑色の野菜)、豆類、柑橘系の果物

 

 

 

また必須脂肪酸も、赤血球を正常に保つために必要になります。

必須脂肪酸は体内で形成されないため、食事から摂る必要があります。

特にオメガ3脂肪酸を摂取するように勧められました。

・オメガ3脂肪酸亜麻仁油、くるみ、魚介類(特に鮭などの赤身の魚)、大豆、チアシード

 

 

ちなみに大前提ですが、栄養素をしっかり吸収するためには腸内環境を整えておくことがキーポイント。いくら必要な栄養素を補給しても、小腸に吸収できる力がなければそのままウンチになって出ていってしまいます。

腸内環境を整えるためには日本食の得意分野である発酵食品、例えば味噌や納豆なんかがあります。

我が家でも早速、ひとみがみそ汁と納豆をたくさん用意してくれました。

 

 

 f:id:shunya7011:20171021133432j:image

 

まとめ

ざっくりと言ってしまうと、血液をサラサラにしましょうというのが結論。

そのためには、まずは腸内環境を整えること。

その上で必要な栄養素(鉄分、葉酸ビタミンB12、オメガ3脂肪酸)を摂り、

避けた方がいいこと(過剰なトレーニングやたんぱく質の摂取、カフェイン)を出来るだけ減らしていく。

それが今回のゴールである

エネルギー回復力の向上

への近道ということですね。

 

 

シドニー在住の頃に初めてナチュロパスの日本人と出会い、その桁違いの知識量に圧倒されていたのですが、今回初めてコンサルを受けてみて「健康に生きていく上では欠かせない存在だな」と改めて実感しました。

日本ではあまり知られていない職業かもしれないけど、冗談抜きで知らないのと知っているのとでは今後の人生に大きく変化が現れます、マジで。

 

▽ちなみに今回処方されたサプリメントはこちら

 f:id:shunya7011:20171021133214j:image

D-RiboseとMagnesiumのミックス

 

印象的だったのは「このサプリメントで不足している栄養素が補えるなんてスゲー!」と感動していたら「サプリメントは便利だけど、出来れば食事から栄養を摂って欲しい。食べ物を口に運び、噛み、唾液が分泌され消化が始まる、そのプロセスを大切にして欲しいから」と言われたこと。

早速、家に帰って玄米を炊いて食べたときに確かに唾液が分泌されるのが分かって、何となくいつもより味わい深く、また一口一口が愛おしく感じました。

単純でしょ。

でも普段の食事で忘れてしまっていた感覚だったので、たまに思い出してはこの感覚を大切にしていこうと思いました。

 

 

最後に、今回のナチュロパスのコンサルを勧めてくれた妻のひとみに感謝。

自分の身体は自分がよく分かるっていうのは、半分は本当で半分は嘘。

主観的ではなく、客観的に見てもらって初めて分かることもある。

無理矢理にでも勧めてもらったから受けたけど、今では本当に受けてよかったと思っている。

受けていなかったら、きっと後悔していた。

いやそもそも、後悔に気付くことすら出来なかった。

 

 

来月末にはシドニートライアスロンの大会がある。

それまでに身体をもっといい状態に仕上げて、当日を最高のコンディションで迎えてみせる。

 

おわり。

【前編】ナチュロパスのコンサルを受けてきた、その診断結果はいかに..!?

ナチュロパスという職業をご存知でしょうか?

おそらく日本ではまだ知らない人も多いかもしれませんが

自然療法学士のことで、ここオーストラリアでは国家資格として認められていて

ぼくの解釈では"自然派のお医者さん"というイメージです。(稚拙な表現で申し訳ない)

今回はナチュロパスという職業の説明と、診断結果について記していきます。 

 

 

目次

 

f:id:shunya7011:20171018151042j:image

 

 

そもそもナチュロパスとは何か 

▽ナチュロパスとは

※今回コンサルしてくださったゴールドコースト在住のナチュロパス和美さんのブログより抜粋

 

いくつかある概念の中の核となるものは、まず

人間には、自分自身で治ろうとする治癒力が自然に備わっている

ということ。そこで、体調不良や何らかの病気にかかったときには、

何らかの理由や要因で、体の機能のバランスがくずれて、

治癒力が落ちていると考えます。

そこで、ナチュロパスの療法は、自然に存在しているものを

利用し、その自然が持つ治癒力を利用し、自分自身が持つ

治癒力を高めることを中心にしていきます。

そして一体なぜ、このような症状が起こるようになったのか

という原因を探ります。

それには、体の機能に対して、妨げになっているもの、

不足しているもの、または摂りすぎているものがないかを探っていきます。

そのためには、丁寧な問診と必要であれば検査も行います。

 

 

人間にはそもそも自然治癒力が備わっています。

風邪を引いても、怪我をしても、時間が経てば治りますよね。

それは、身体に備わる様々な機能が治そうと働いてくれるから。

しかし、何らかの原因でその機能がうまく働かなかったら?

その根本原因を探り、解決していくのがナチュロパスというお仕事です。

 

普通、日本で医者といば対処療法が基本です。

対処療法とは、例えばケガをした場合は塗り薬や痛み止めを。

風邪を引いた場合は風邪薬を。

そうやってその症状に直接アプローチをして、症状にフタをすることです。

 

対して、ナチュロパスは風邪を引いた場合でもすぐに症状を押さえ込むではなく

風邪が治らない原因は何か、もしかしたらビタミンCが足りていないのではないか、

免疫細胞が機能していないのではないか、と掘り下げていきます。

 

そのため普段の生活習慣や、過去の病歴、家族についてなど、時間をかけて色々な角度から質問をしていき、絡まった糸をほどいていきます。

医師と比べて当然ながら時間もかかるし、費用もかかります。

両者とも結果は"治す"ことですが、そのアプローチの仕方に大きな違いがあるのが分かると思います。

 

 

 

ぼくがコンサルを受けた理由

なぜ今回ナチュロパスのコンサルを受けようと思ったか。

それはズバリ、身体の疲れがなかなかとれないから。

原因はおそらくクリーンバルクを始めたこと。

 

coupleblog.hatenablog.com

 

食事内容を大きく変えたので偏った食生活、過度なトレーニングが原因で

リカバリーが追いついていないのだろうと考えていました。

とはいえ、そんな漠然としたものではなくもっと明確な理由が知りたい。

自分の身体に何が起こっているのか、そしてどうやって回復させればいいのか教えて欲しい。

そんな理由からコンサルを受けることを決意しました。

 

▽ちなみに主訴はこちら

・寝起きがだるい

・身体が重くて無気力になる時がある

・食後に急激に眠くなる

・眼の疲れ

 

健康そのもだと思っていた自分の身体に、まさかあんなことが起きているとは知る由もなく、ショックを受けると同時に受けて良かったと心から安堵しました。

 

 

診断結果はいかに

まず最初に言われたのが

「ビタミンB群(特にB2とB3)とミネラルが足りていない可能性がある」

とのこと。これらはエネルギー回復の際に必要な栄養素らしいのですが、事前に送っていたぼくの食事内容から察するにこれらが摂れていないとのこと。

 

▽普段の食事内容はこちら

・朝食:シェイク(オーツ、バナナ、牛乳、プロテインパウダー、LSA)

・モーニングティー:コーヒー、ヨーグルト

・昼食:カレー

アフタヌーンティー:プロテインシェイク

・夕食:ラーメン

・スナック:ヨーグルト

 

改めて見返してみるとカタカナ食材ばかり。。
野菜やフルーツが不足しているのは一目瞭然ですよね。
特に緑の野菜を摂った方がよいとのことでした。
 
 
また、基本的に精製されたもの(白米や小麦など)を主食としていたので
血糖値の急激な上昇と下降を繰り返し、それが食後の眠気に繋がっているだろうとのこと。
 ※GI値の高い食べ物(パン、米、パスタ、ポテトなどの白いもの)を食べると血糖値が急激に上がります。そうするとすい臓がインスリンを出し血糖値を正常の値に戻そうとします。脳は興奮状態から安静状態に急激に変化するので、これが食後の眠気に繋がります。
 
 
その為GI値の高い精製食品は避け、代わりに玄米や全粒粉の食材を食べること。さらに、アボカドやココナッツ、アーモンドなどの良質な脂質を摂取することも血糖値の上昇を緩やかにしてくれるとのことでした。
食物繊維をとるといいとは聞いていましたが、脂質にもそんな効果があるなんて。
 
 
 
他にも驚いたことは、プロテインの過剰摂取も疲れの原因になりうるということ。プロテインを摂りすぎると体内でチッ素が発生し、アンモニアに変わります。そのことで疲労が発生するとのこと。
 
▽分かりやすい記事を見つけました
私たちが摂取したタンパク質は、体内で合成と分解を繰り返します。その過程において、食事から摂ったタンパク質のうち余った(過剰な)ものは分解されて窒素となります。

窒素を体外に排泄するためには、肝臓・腎臓の働きが必要です。体内の分解過程で必要なくなった窒素はアンモニアに変わります。アンモニアは私たちの体にとって有害な物質であるため、肝臓で無害な尿素に変換されたのちに腎臓で尿として排出されます。

このときにタンパク質を過剰に摂取してしまうと、その分多くの窒素を尿に変換しなければならなくなります。そのため肝臓や腎臓にかかる負担が普段よりも大きくなり、内臓疲労を引き起こしてしまう可能性があるのです。
http://cp.glico.jp/powerpro/protein/entry04/
 
 
 
 
その後、血液検査も受けたのですが、、
 
 
 
なんと私の赤血球はドロドロしていました。。
 
 
 
 
 
 
 
えぇ〜!!
((((;゚Д゚)))))))
 
 
 
長くなりそうなので、【後編】に回しますが、参考までに写真だけ。
 
f:id:shunya7011:20171018090449j:image
 
 
つづく。

使う言葉を変えれば、性格なんてあっという間に変わる。

ふと、人は言葉に操られる生き物なんじゃないかと思う時がある。


ぼくは群馬県で生まれ、高校を卒業するまでは県内で過ごしました。
田舎町で内向的に育っていたせいか、いつしか自分を変えたいと強く思うようになり
その後、大学入学を機に大阪へ引っ越すことになります。
その際に習得したのが

 


関西弁



群馬県は方言が強くないので、ぼくは標準語で生活していました。
だからこそ漫画の中のあの関西弁のキャラクターや、テレビの向こう側のあのお笑いタレントの話す関西弁に
猛烈に魅力を感じていました。

他にも理由はあるけど、"言葉"は大阪へ住み移ったひとつの大きな目的でした。



では関西弁を話せるようになると、どのような変化が起きるのか。
大きく分けて二つあります。



一つ目は、会話がラフになります。



そもそも日本語って、相手を慮る要素が多くある。
尊敬語、丁寧語、謙譲語、侘び寂び、空気を読む…
状況に応じて使い分けようとすると、喉まで出かかって「あれ?これ合ってるっけ?」となる。
何も、関西弁にはそうした要素がないわけではありませんが、感覚的にずっと楽でした。ボケ・ツッコミとかはあんまり年齢関係ないですしね。


二つ目に、感情を伝えやすくなる。



関西弁はイントネーションが特徴的です。日本人はシャイで、感情表現が苦手なんて揶揄されることも多いですが、それは日本=東京になっているから。少なくともぼくにとって、関西の人は感情表現のお手本とも言える存在です。

「これすごくない?」

より

「これめっちゃヤバない!?」

の方が圧倒的に響きます。


大げさではなく、ぼくは関西弁を使えるようになって(もちろんそれだけが理由ではないけど)社交的になり、コミュニケーション能力が飛躍しました。

 

「言葉に感情をのせるだけで、こんなに気持ちよく話せるんだ」

と感動したのを覚えてます。





使う言葉で、人は変わる。


f:id:shunya7011:20171013072221j:image

 


---------------------------------------


あれから数年、今はオーストラリアで生活しています。
一年半も住むと、さすがに英語も使えるようになります。

英語はまさにイントネーションの言語。
抑揚なくフラットに表現したら、そもそも聞きとってすらもらえない。
逆に言えば、嫌でも言葉に感情がのる。
敬語もないから、スッと言葉が出る。



先日、電車で年配の方に席を譲ろうとしたら、何も考えずに言葉が出ていた。

その時に、標準語だとちょっと恥ずかしかったり、適切な言葉を探してモジモジしていた自分を思い出しました。




何も言語だけが理由だとは思いません。オーストラリアの環境、周りに日本人が少ないことなど、色んな要因があるでしょう。


ただ一つ言えるのは、使う言葉が変われば、身の振る舞いも変わってくる。それはちょうど、もう一人の自分が引き出しの中に現れるようなもの。つまり、性格が変わったといっても過言ではないのです。



f:id:shunya7011:20171013072318j:image


自分を変えたければ、使える言葉の引き出しを増やせばいい。もっと言えば、海外で生活してみればいい。
性格なんて簡単に変わる。


標準語から関西弁へ、そして英語を習得することで、ぼくが変わったように。




自分はこのままでいいのかな?という考えが少しでもあるのならば

それこそが原動力。

この記事が、何かを変えたい誰かの参考になりますように。